« ◇ピアフ生誕100年 「語り」と「歌」のコンサート | トップページ | ◆不変なものは何もない »

2015年11月 2日 (月)

◆大羽洋子さんと熊本でピアフ

Img_2214_3ピアニストの大羽洋子(おおばようこ)さんからメールをいただいたのは、9月7日のことだった。

そこにはピアフ生誕100年に、自分のできることをしたいと思っていること、私の本『エディット・ピアフという生き方』に感動したということ、フランス、国立図書館で開催された「ピアフ展」にも行ったことなどが書かれていた。

そして洋子さんにお会いした。

彼女は生誕100年の年にピアフに捧げるコンサートを開きたいと考えていて、私に一緒にそれをしないかと誘ってくれた。

ちょうど黒川泰子さんとのコンサートの話を進めていたときだった。

Img_2215「語り」と「音楽」。

これをこれからの活動に加えてゆきたいと思っていたときに、嬉しいお話だった。

大羽洋子さんがそのときにおもちになった本、『エディット・ピアフという生き方』、ぼろぼろだった。

ページがたくさんたくさん折られていた。

私のアナイス・ニンの本みたいになっているそれを見て、私は胸が熱くなった。

大羽洋子さんゆかりの地、熊本でコンサートがあります。

また、その前日、書店でのトーク&サイン会があります。

お近くの方はご連絡くださいね。

|

« ◇ピアフ生誕100年 「語り」と「歌」のコンサート | トップページ | ◆不変なものは何もない »