« ▽いまを生きる | トップページ | ◇7月7日、七夕の夜「語りと歌のコンサート」 »

2016年5月 8日 (日)

◆GWと失望と中田先生の言葉と

Pよのなかはゴールデンウィーク。それも終わる。

私は締め切りウィーク。これはなかなか終わらない。

人が外に出るときに出るのが好きじゃないから、ほとんど家にこもって自分のペースで過ごせていいんだけど、どうしようもなく、ぐわっと、突然おそわれる、この寂しさってどうにかならないのだろうか。
誰が私をこんなふうにしたんだ、と人のせいにして、寂しさを怒りに変えて逃げたくなる。

この間、お友達とアナイスについて話をしていたときのことを思い出した。
お友達は、アナイスは、男性に対して、基本的に、失望、があったと思う……と、これ、正確じゃないけど、そのようなことを言った。
私はとても意外で、「え、そうかな、失望?」、すこしうろたえるくらいに意外で、それが今日、なんとなく見えたというか、もしかしたら、私もそうなのかもしれない、と思った。
でも、もしそれを認めてしまったら、なにか、自分が目指すものと違う方向に行ってしまいそうだし、楽しみが減ってしまうから、認めなかったのかもしれない。

そんなふうに考えて、過去に思いを馳せる(得意)。

それはそうと、4月のはじめの中田耕治先生の講座で、書き留めた言葉が、ここ最近の私にぴったりなので、ここに書いておこう。
あるテーマが見つかると、自分が見つけたのではなく、テーマのほうが自分を見つけて、よく調べなさい、と言っているような気がする」
先生は、そうおっしゃった。
いつも、なにか宝物のような言葉を、先生はくださる。

|

« ▽いまを生きる | トップページ | ◇7月7日、七夕の夜「語りと歌のコンサート」 »