☆「ジャクリーン・ケネディという生き方」発売です☆2014.3.20

514vzpwnykl__sx326_bo1204203200_みなさまへのご報告が遅れました。

毎度のことですが、発売直後の日光のお猿さん状態になってしまっているので。

それでも心やさしいお友達から、書店の嬉しい風景写真が届き、みなさまにご報告しなければ、と動くことができました。

ジャクリーン・ケネディ。

彼女は私にとって、最初は嫌いだったけどだんだん好きになって、最後にはとっても共鳴できて、自分と重なる部分まで見いだすことができた、不思議な存在でした。

生き方シリーズ第5弾。

シャネルともサガンともマリリンともオードリーとも違う、ジャクリーン独特の魅力が伝われば嬉しいです。

今回は書き終えてしみじみ思ったことがあって、その人の人生をジャッジする、裁くような見方は私は嫌いだし、できないんだな、ってこと。

あるひとの人生があって、そのひとが、「そのとき」何を考え、どんな行動をとったのか、そういうことを「知る」ことが好きなんだな、ってことでした。

そういうとき、私は人間を愛しいと思える、ってことでした。

みなさま。書店で見かけたら、ぜひ、お手にとってみてください。

やはり、この本も他の本と同じ、私の大切な一冊です。

カヴァ下にある言葉は、これです。

「したたかに生きるのは 悪ですか?」

■「大好きです」■2014.3.10

インプットしかできない日々にそんなに焦らなくなったような気がするのはよいことなのかどうか。

手当たり次第に本を読んで、映画を観る。

映画はたとえば「タンゴ・リブレ」であたらめてタンゴの激しさと恍惚の危険さを感じ、

「ヒステリア」でとってもためになる軽井沢夫人的「お勉強」をし、

「ナタリー」でファッションを楽しみ、

「アンコール!」で老齢の愉しみに想いを馳せ、

「25年目の弦楽四重奏」でベートーヴェンの弦楽四重奏曲14番にはまって毎日聴くようになり、

「グランド・マスター」でトニー・レオンを堪能し、

「ザ・レガシー」でマイケル・ジャクソンの繊細さを好きだと思う。

そんな日々のなか、最高に幸福なひとときがおとずれた3月10日の夜。

卒業文集に綴られた言葉に落涙。

そこには愛情としか呼べないものがいっぱいにあふれていて、私はこの3年間を、我が人生のもっとも試練的な3年間を想い、最後にイエス(肯定)の声を聞いたように思えて、そんな声を届けてくれた彼女に激しく感謝するのでした。

誰からどんな言葉を聞くか。

人生のなかで決定的な言葉を決定的な相手から私たち、受けている。

そんなに多くはないけれど、いままでにも、たしかに、あった。

恋人から、友人から、家族から。

記憶をたどって、当たり前の結論に達する。どんな言葉でも自分にとって決定的な人でなければ、ぜんぜん胸に響かないし、どんな単純な言葉であっても、自分にとって決定的な人であれば、危険なくらいに胸に響く。

■2014年3月3日■2014.3.3

たぶん、いろんなことはあっても……、激しくマイナスな感情や、いま目に見える傷や過去に作った多くの傷のなかで、息苦しい夜を過ごしても、翌日の夕刻に幸せな気持ちで桃の花が買えていれば、大きくうなずこうと思う。

花を抱えて、エレベーターで乗り合わせたひとに「綺麗な花ですね」と声をかけてもらうそのあたたかなひとときに、大きくうなずこうと思う。

ひなあられのかわりにしちゃおう、とおいしいチーズケーキを買ったときの、びっしりと偽りのない色彩が満ちているようなあの空気感に、大きくうなずこうと思う。

誰かに大切にされている時間がわずかではあっても、あって、そして誰かのことを大切に思う気持ちがたしかに自分のなかにあって、それが少しでも感じられれば、それでいい。

今日は雛祭り。

2014年の33日も、ほかの日と同じ、唯一無二の一日。

■問題を知的に理解する■2014.2.25

Img_20140214_075923自分が「問題」を抱えていて、けれど、それを認めたくないし、ハウツー本は嫌いだし、ましてや精神分析的に、いまの自分の状況を分析してどこかに分類されたくないし。

だから自然のなりゆきに身を委ねる。

問題があることから離れられないまま、「そのため」に観たわけではない映画や、「そのため」に読んだわけではない本から、何かを得られるのではないかとどこかで期待している。

ところが、あるときに問題が目の前にたちふさがる。

自分の涙だったり、どうしようもない言い争いだったり、嘔吐だったり、そうして「もはやこれまで」と思う。

そして、じっくりと、自分の問題と向かい合ってみようと、降参の涙のなか、「そのため」の本を探す。

それは問題を抱えてかなり悩んで苦しんでいる自分を認めたということ。

観念してその本を熟読する。

本の名前は差しさわりがあってあげられない。斉藤環さんという精神科医の書いた本だ。ネットのではなく、書店で実際に本を手にとって選んだ本がたいていそうであるように、この本も買って正解だった。

私は教えてもらうときには一度従順になることにしているから、今回もひねた視線をポケットにしまって(というより弱っているからあぶないくらい素直)、本を熟読した。

私が求めていたことがそこにあった。実り多い本だった。具体的なことは書けないけれど、ラストに、本を書く人間として、すごく共感した部分があった。

***

この本にいくばくかの「実用性」がありうるとすれば、それは何よりも当事者が問題の所在を知的に理解することを助けることにあります。関係性がはらむ問題を考える場合、理解がそのまま希望につながることが少なくないからです。

***

ここで、ほんとうにこの本を読んでよかったと思ったのでした。

「当事者が問題の所在を知的に理解することを助ける」という、これこそが私が求めていたものだったように思って、昨夜は自分が抱えている問題についての、自分なりの答えを、たよりないものではあるけれど、導き出せた。

人は誰しも問題を抱えていて、その問題を認めるまでがまず、つらくて、その次にその問題と向き合うまでがつらくて、でも、そこを超えれば、超える前とは違う景色が見える。

問題の所在を知的に理解しろ。

これが昨夜私が得た教訓。

写真はかわいい女の子からいただいたチョコレート。見つけた瞬間、どうしても路子さんにあげなくちゃ、と思って。なんて言ってくれて、嬉しかった。

■絶対的な幸福■2014.2.19

An_3「相対的な幸福で満足するべきなのだろうが、私は絶対が欲しい。絶対的な幸福を諦められない」

ページを開けばそこにほとんど必ず、自分の言葉を聞くことができる、アナイス・ニンの日記。『インセスト』からの言葉。

低空飛行が続く日常のなかに花を置いてみる。

ピンクの濃淡で作った花束は、2日前に買った。

たぶん、私は、たいせつな人の笑顔がそこにあり、それを自分がしっかりと受けとめられたとき、絶対的な幸福を体験する。

«◎ハンナ・アーレント◎2014.1.23