« ■■軽井沢でサガン、一日だけの文学カフェ■■2010.10.16 | トップページ | ■■サガンとメールとシンプルな言葉■■ 2010.10.19 »

■■天使と娼婦■■2010.10.21

Liテレビ番組の収録のなかで、ロセッティについて語り、そのなかでラファエル前派の画家たちの意識、ヴィクトリア朝のイギリスの女性観などについてもふれた。

つまり女性を「天使」と「娼婦」にわけて愛する男性の意識。

帰りの新幹線で「天使」と「娼婦」がなぜかあたまから離れなくなり、あれこれと思いを巡らせた。

たしか、アナイスの本のなかに、「娼婦より欲が深い」という一文があったな、と思いだして、帰宅してすぐに探した。

何度も書いている「インセスト」に、あった。

私が欲しいのは躰の関係ではなく、そこに至る過程、ゲームなのだということ。ドン・ファンと同じだ。誘惑するゲーム、男の肉体のみならずその魂まで所有するという正気を逸脱したゲームを愉しんでいる。娼婦より欲が深い。」

ナイス・ニンは私にとっては、ぜったい他人なんかじゃない、というところまできてしまっている作家だけれど、この部分については、いまの私は共鳴しない。

共鳴するときもあったし、これからもきっとあるのだろう。けれど、いまは違うシーズンにいるように思う。ゲームはしたくない。

ぱらぱらっとページを繰って、アナイスワールドを楽しんで、今回はこの一文でにっこりと笑った。こういうあなたが大好きアナイス。

私に感情というものがまったくなかったら、私は世界中でもっとも知的な女性になる

絵はロセッティのリリス。

« ■■軽井沢でサガン、一日だけの文学カフェ■■2010.10.16 | トップページ | ■■サガンとメールとシンプルな言葉■■ 2010.10.19 »